ら行+わ



【ら】

ライフサイクル】life cilcle 人間の場合は、生まれてから死ぬまでの一生を言う。企業や生産においても、使われる。サイクルは、周期であり、循環を意味する

【ラィフスタイル】life style  人の生活様式を言う。しかし、良く変わるものだが、西洋式スタイルを常に人はいいと感じる。何故か?

【ラインとスタッフ】Line and staff。半世紀以上も前に言われた言葉。トップから最下層まで垂直線上に管理する。経営部門のスタッフとの参加により成り立つ経営組織


【り】

【履行遅滞】債務の履行が可能だが、その履行が遅れる事。債務不履行のひとつ
【履行不能】債務履行期に、債務の履行が不能な事。履行遅滞とは違う
【立証責任】裁判官が事実の存否を知らない為に、不利な法律判断を下される事。拳証責任・証明責任とも言う。
【リスク】risk 危険.。人や物に多大なる影響を及ぼす状況のこと。確実性が無い状態を意味もする。
リスクの語源は、RISICARE(イタリア語」。意味は、「勇気をもって試みる」。🔴
【利息・利子】interest 元本である債権に定期的に生じる法定果実の事。共に意味は同じで、「利息」の言葉の方を使う事が多い。➡法定果実・約定利息・利息制限法

【る】

【類推解釈】Analogy interpretation ひとつの法文解釈法を、類似する他の事柄にも適用する解釈法。➡「準用」・法の解釈 🔴

【れ】

【連帯保証】連帯して債務を保証する事。連帯保証人は、催告・検索の抗弁権はない(民454)⇔連帯債権➡催告・検索の抗弁権

【ろ】

【労働法】労働者を守るための法律。労働法と言う法律はありません。労働基準法・労働関係調整法・労働組合法・男女雇用関係調整法など諸法をまとめて労働法と言う。

【六法・六法全書】憲法・民法・商法・刑法・刑事訴訟法・民事訴訟法を合わせて「六法」と言い、その他の重要な法律集を一緒にした本を「六法全書」と言う。ふつう持ち歩くのは,B6判サイズ。それでも、相当分厚いです。この値段でこれ程文字の詰まった本は有りません。

【わ】

【賄賂】特別な利益を受ける為に差し出す金品。例)建設工事受注の為の賄賂

【和解】当事者間の紛争を止める契約をする事。➡錯誤・裁判上の和解・調停・仲裁

まだ記事がありません。