た行



【た】

【胎児】embryo/fetus 母親のお腹にいる子。民3条1項「私権の共有は出生に始まる」故に、胎児には権利能力はない。

【貸借対照表】企業の一会計年度末における資産・負債・資本の状態を表す表。Balance sheetの頭文字から、B/Sと略す。➡財務諸表・損益計算書

【代物弁済】performance in accord and satisfaction  本来の債務履行にかえて、他の給付で債務の消滅を成すこと。

【代理】agency 本人以外の人(代理人)が、本人の意思表示の授受を代って第三者に行い、本人に其の法律効果が帰すること。➡代理権、無権代理、代理商、

【ち】

【嫡出子】(ちゃくちゅつしlegitimate child   法律的に結婚した夫婦から生まれた子供。民772条以降。婚姻関係にない男女から生まれて来た子は、「非嫡出子」と言う。

【仲介】(ちゅうかい)intermediation 裁判によらない紛争解決法。第三者(仲介人 intemediary)の斡旋を受け、その協定案を受諾することで、当事者間がそれに拘束されること。➡斡旋

【仲裁】(ちゅうさい)arbitration  裁判によらない紛争解決法。第三者(仲裁人 arbitrator)の和解案に合意し、紛争を解決するもので、仲裁人が手続をする。➡斡旋

【中小企業】資本金・社員数による振り分けから、大企業と分けられる。➡大企業・企業

【知的財産権】知的所有権・無体財産権。特許権・実用新案権・意匠権・商標権。著作権などを合わせて言う新しい企業の財産 ➡著作権

【著作権】文学・芸術・科学等幅広い分野の著作者が持つ権利。➡著作権法・知的所有権・特許権

【賃貸借】物(有体物・無体物)の貸し借り。物の使用・収益に関し、賃料支払いの契約をする事。民601条~➡動産不動産・レンタル


【つ】

【通貨】money お金。貨幣と同義だが、金属製のお金を(貨幣)硬貨、紙製のお金を紙幣とも言う。➡貨幣・通貨危機・現金・マネーサプライ
【通達】伝達。政府内での伝達形式。
【通事・通訳人】通事=民事訴訟法での通訳人、通訳人=刑事訴訟法での通訳人➡日本語
【妻】wife 婚姻している男女の夫に対する女性の呼称。女房。➡配偶者・内縁・婚姻離婚
【積立金】reseve 積み立てておくお金。企業など、将来に備えて積み立てておくお金で、B/S上、資本の一部となる。準備金➡積立準備金

【つながらない権利】right to disconnect 休日勤務時間外は、仕事上のメールも電話も拒否できる権利。🔴

【て】

【定款】articles of incorporation 会社・組合・社団法人などの基本原則を書いた書面。
【定時総会】決算期後、定時的に行う株主総会や社員総会。決算内容の議決・利益配分・役員交代などを行う➡総会屋
【抵当権】hpothic 債務者が弁済しない時の為に差し出した担保を占有を移転しないで、債権者が,他の債権者より優先して受けられる権利。民369条1項~➡担保物件
【定年】従業員が、決められた年齢に達すると退職すると言う制度上の年齢。高齢者雇用安定法8条=60歳。9条。➡定年延長65歳。70歳・終身雇用 🔴
【手形】債務の支払いに用いる有価証券の1つ。約束手形・為替手形➡小切手・手形法・商法・裏書・手形割引・手形貸付け
【手数料】公共機関利用時、その役務に対して支払う料金。➡印紙
【手付金】eanest money 契約の一部を契約時に支払う事で、その権利を保持しておくための金。🔴
【デフレーション】deflation policy デフレ。物価が継続して下がり、通貨量が減り、貨幣価値が上がる現象。需要以上に供給(生産)過剰で、物価が下がる(悪いデフレ)と技術革新で、生産性が上がる(良いデフレ)がある。不況になる。⇔インフレーション
【テレワーク】在宅勤務の事。tele(離れた所)+work(仕事)=テレワーク。造語。
【天然果実】nature fruts 民88条1項「物の用法に従い収取する産出物を天然果実とする」⇔法定果実。民法89条
【天皇】japanese emperor 旧憲法では君主・元首。国の象徴。➡皇室典範・天皇機関説・天皇制・王権神授説。君主主権・統治権


【と】

【登記】registration 登記所にある登記簿に記載し、第三者に公示及び対抗する事。➡本登記・仮登記・保存登記・抹消登記・予告登記・不動産登記・商業登記

【当座預金】current account 企業が小切手や手形での入出金をする際に使う銀行口座であり、それらの支払い決済は、この口座からです。無利息。➡当座貸越・普通預金・定期預金・銀行

【動産】mobables 民86条1項「不動産以外の者は、全て動産とする」同2項「無記名債権は動産とみなす」⇔不動産🔴

【同時履行の抗弁権】双務契約で、相手が債務を履行しない限り、こちらも履行しないと言える権利(民533条)。抗弁とは、相手の言う事を否定する事➡民493条

【謄本】copy 原本の完全なコピー⇔抄本。➡戸籍謄本抄本・登記簿謄本

【登録】registration 一般用語としては、住所や氏名を用紙などに書くことで、一定の利害を生むが、法律上は、権利・義務を伴う法律行為を為す際に、国や地方など公共機関の帳簿に記載する事➡不動産登記・

【土地】land 大地・農地山林宅地の総称・場所➡民207条・民86条1項・登記

【特許・特許権】patent right 新発明をして、権利を生むこと及びその権利を有する事。➡特許庁・発明発見・知的財産権・著作権

【トラスト】trust 企業合同とも言い、同一産業種が合併し、一層の拡大・利潤追求すること。➡カルテル