あ行



【あ】

【悪意】bad faith  知っていると言う意味。端的には、道徳観念上の意味を持たないとされます。法律用語としての「善意」に対して言うならば、そうですが、事件上においては、道徳上の意味を有すとして何の不自然もないです。英米法訳出においても、「害を及ぼす」を意味ともします。刑法・商法上の「故意」、民法上の「作為」と同じ害意・違法性の意味を持ちます。⇔ 善意
【頭金】申込(承諾)金・手付け金・内金🔴
【斡旋】mediation(あっせん)裁判をやらずに、当事者間の紛争解決をする事。➡仲介・仲裁・調停。⇒建設工事斡旋収賄・汚職
【粗利】売上総利益
【安楽死】euthanasia 不治の病や激痛を伴う患者に対し、人工的に死を迎えさせること。尊厳死と共に、その行為自体が、法的にも判断が難しい。➡QOD(死の質)、終末期医療、エンディングノート、介護、延命治療・尊厳死🔴

【い】

【一括下請負(丸投げ)の禁止】建設業法22条「建設業者は、その請け負った建設工事を、いかなる方法をもってするかを問わず、一括して他人に請け負わせてはならない」と一括下請負を禁止します。🔴
【慰謝料】solatium  決まった定義はありませんが、精神面と財産面の各損害に対して賠償する事。
近年、事件事故から派生する「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」がよく問われる。🔴
【遺贈】legacy ・bequest  遺言による財産の処分の事。
【委任・委任状】委任(mandate)とは、ある法律行為を相手方に承諾させることで成立する契約であり、委任状は、その証書。法律行為ではない委任を「準委任」(semi-delegation?)と言う。
【囲繞地】surrounding land(いにょうち・いじょうち)ひとつの土地<A>を囲んでいる周りの土地の事。Aの土地を「袋地」と言う。袋地は、公道に接していない。死語化している。民209条~。➡囲繞地通行権は、「公道に出るための他の土地の通行権」と言う言い方になった。(民210条)
【遺留分】leagally secured portions  相続人が、遺産相続を受けなくても受け取れる最低限の遺産権利分。その権利を請求するのが、「遺留分減殺請求」➡寄与分・遺産分割協議・相続
【医療過誤】Medical error 医療ミス。誤った医療により被害が出る事。医療事故。隠れた医療ミスは多い➡隠蔽・責任逃れ・医療従事者

【う】

【請負】service contract 仕事の発注者が、仕事を請け負う人に仕事の完済(労務)に対して支払いを約束する契約。➡建築業・運送業・担保責任
【受取手形】売上債権の支払いとして受け取る手形。⇔支払手形
【受取人】債権支払いとして受け取った際の手形小切手の所持人⇔支払人
【内金】高額商品や不動産売買において、先に代金の一部を支払う事。➡手付金・申込(承諾)金🔴
【裏書・裏書人】indorsement 小切手・手形を譲渡する事。裏書人=裏書により、権利を移転する人で、次の所持人に対し、支払いや担保の責任がある(小18条・手15条)
【売上高】商品・サービスを提供した合計金額。
【売上原価】売上高に対する仕入原価・製品原価➡売上原価率・売上債権回転率・
【売上総利益】粗利。売上高―売上原価=粗利。
【運転資金】working capital 運転資本。企業の流動資産(短期的に換金される資金)に使う資金。➡流動資産・

【え】

【営業】business 利益(儲け)を得るために行う反復活動。セールス。➡ 商人・商行為
【営業譲渡】transfer of business  企業財産・権利などを他社・第3者に譲り渡す(契約をする)事。商⒗条~ ➡ 営業権・事業承継・M&A・廃業・
【営業権】right of business  営業を司る権利。暖簾(のれん)➡ 営業譲渡
【永住権】Permanent residency いつまでも住める権利だが、帰化ではない。「永住者」とは、入管法上、 法務大臣が永住を認めた人(「特別永住者」を除く) 。➡帰化・在留資格
【ADR】訴訟に依らない紛争処理の事。正しくは、「裁判外紛争解決手続」といい、裁判所以外の法務大臣認証の機関(ADRセンター)による紛争解決方法を言う。
【エンディングノート】相続の開始時において、家族に伝えて置きたいことを書くノート。遺産内容・伝達事項などを、書き漏らさない為にも、被相続人1人で書くのではなく、家族全員で書くのも良い。遺言書の基礎資料にもなる。
【延命治療】Life extension treatment 死期を伸ばすための治療。これをやるかやらないかの選択は、早くから家族に伝えて置くべき。又は、要・不要を書いたメモを常に持つべき。➡ 臓器提供・脳死・植物状態・安楽死

【お】

【押印】seal  判を押すこと。捺印。法律文書上では、「署名押印」と「押印」は同義。➡刻印・捺印・判・はんこ・捨印・割印・認印
【公の秩序】public order 公序良俗.。厳粛なる道徳感情
【犯す】a crime  法律に背いた行為をなす。
【及び】and  文や言葉を繋ぐ接続詞。前後の文章・語句が大きな繋がりの時・掲げる項目内容が多い(3つ以上)時には、「並びに」を使う。➡かつ・同時に